脳科学マーケティング、目標達成、意識研究家。生活に役立つ情報を配信しています。

リバープログラム

目標達成

目標達成のポイントまとめ

更新日:

43f93921a59e4d389e81ea92ba10dae9_t

 

この文章を読んでいる人は「意識の高い人」だと思いますが、

そのような人は「向上心」や「目標」もあるのではないかと思います。

 

日々、目標を持ち向上し続ければ、

「自己実現した充実した人生」

を送ることもそう遠くないかもしれません。
しかし、「目標はあるけれどもなかなか実行に移せない」という人もいると思います。

今回はそんな「目標達成」についてコツはあるのか見ていきたいと思います。

リチャード・ワイズマン氏の書籍などを参考にすると

 

 

・優先順位をつける

・目標は少ないほうが良い

・小さい目標、間接目標をかかげる

・無茶な目標を立てない

・同じような目標を達成した人を参考にする。

・目標を他人に話す

・他人の目標、行動にまどわされない。

・進捗状況を確認する。

・目標を達成できたらどんないいことがあるか。

・意志力をきたえる

・自己評価を上げる

・「ホメオスタシスの原理」継続することが大切



 

とこのようなポイントがあります。

 

目標の優先順位をつけることによって「何をすべきで、何をすべきでないか」が明確になり行動に移しやすくなります。

 

一般的には「目標は少ないほうが良い」ようです。

目標をしぼることでエネルギーのロスや分散を防ぎます。

目標があまりに大きすぎると「目標達成」が困難に思えたり、

また目標を細分化し小さくすることによって取り組みやすく、状況を確認しながら「目標達成まであとどれくらか」がわかったりします。

ダイエットなどでも激しすぎるものは失敗する可能性が高く、「健康にも悪い」「リバウンド」などの「反動」があります。

「定量の行動を継続的に行う」ことが重要になります。

 

「目標は他人に話す」は人によるのではないかと思います。

 

「目標を達成したらどんないいことがあるか」を想像するのもモチベーションを上げ効率にも関わってきます。

 

「意志力をきたえる」というのは日常で「意志の力を使っていく」ことで筋肉のように意志もきたえられます。

 

それはたとえば、「健康な日常を送りたい」というのであれば「意志」を使って、運動や菜食などを実際に行動に移していくことです。

そうすることによって意志力が鍛えられます。

 

目標を達成するためには「自己評価」が大きく関わってきます。

これは「脳科学」とも関連があるかもしれませんが、「自己評価の高い人」というのはおのずと目標も達成しやすいようです。

反対に自己評価が低いと、おのずとそのような体験をすると言います。

 

この世界には「ホメオスタシス(恒常性)」の力が働いています。

世界は変化を望まないのです。

だから、いろいろな理由をでっちあげ

「三日坊主」

という言葉の意味になってしまいます。

それには「意識の科学」を味方につけなければなりません。

 

急激な変化はその反作用も大きいですが、小さい変化は反作用も少ないのです。

ですから徐々に変化することによって「変化した状態」が標準になっていきます。

ですから「目標達成」においてはこの「継続性」というのが一番重要ではないかと個人的には思っています。

 

サブリミナル効果で自分を洗脳する願望達成ソフト。サブリミナルブレイン

-目標達成
-, , , , , ,

Copyright© リバープログラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.