脳科学マーケティング、目標達成、意識研究家。生活に役立つ情報を配信しています。

リバープログラム

お仕事日記

ダイバーシティ(多様性)社会

投稿日:

b84afb79256c22c5aa13c526198f4466_t

 

昨日、ユーチューブで「カジサック」の動画を見ていたのですが、

とても斬新でおもしろかったです。

「カジサック」の成功は「お笑い芸人のユーチューブへの本格的参入」を促進し、お笑い界の「既成概念をこわした」ということでとても画期的とのことです。

 

Sponsored Links




 

これからも芸人さんの「ユーチューブ参入」は増えるのではないかと思います。

そういった中で思うことがあります。

「今後、ますます同質のものしか見ないのではないか?」

ということです。

 

最近の若い人は「テレビを見ない」とも言われます。

それはゲームやSNS、ネット、動画があるからですが。

テレビが「広く多くの人を」ということであれば、ネットは「少数でもピンポイントで」ということだと思います。

 

これを「オンデマンド」と言ったりしますが。

ある意味、芸人さんも「エッジがきいて、個がいかせる」ということで言えば「ネットが主体になる」ということも十分ありえると思います。




しかし、ネットの中でも分野別にボトムが拡大し、細分化していけば、ますます「同じテーマしか見ない」という傾向もあるのではないかとも思います。

「あの分野では超有名だけれども、違う分野の人はぜんぜん知らない」

ということも増えていくのではないでしょうか。

 

それは自分の中の「当たり前」が人によってかなり違ってくるということでもあると思います。

それは今よく言われている「ダイバーシティ(多様性)社会の到来」とも言えます。

 

それはつまり「オンリーワン的社会」

つまり「自分は何者であるか」ということをあらわしていく社会でもあると思います。

【期間限定1万円OFF】FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)Youtubeからリスト収集&稼ぐ最新プログラム!

-お仕事日記
-, , ,

Copyright© リバープログラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.